• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
CATEGORY : つれずれ
一番繋がらないといけない人はだれ?
DATE : 2016-02-25-Thu
10人中、8.6人がリピートしている、手にするだけであなたの人生が豊かに変わる不思議な石けん
至福の石けん*クリエイターのみなりっちです。

いつも、ありがとうございます。

問題、問題、問題

皆様、問題があって、それをどうにかしたくて、私の元に相談に来られます。

問題ってね、分離が起きている所から来るんですよね。

簡単な例でいうと、パートナーシップがうまくいっていない場合、パートナーとの分離感が苦しかったりね。

でも、パートナーうんぬんよりも、もっと繋がらなきゃいけない人がいるって、知ってました?


親ですか?

はい、親もそうです。

でも、もっと繋がりを持たなければならない人がいるんですよね。

子供?

それも大事ですね。

でも、もっと。


誰かな?


答えは、「自分」


みんな、どうしてそんなに自分をおざなりにして、他の人に尽くすのでしょうか?

まず、自分あっての「今」であり、自分あっての「幸せ」なのに。

肉体があるから、好きな所に行けますし、いろんな事ができるんですよね。
肉体のない、浮遊霊やエンティティたちは、肉体が欲しくて欲しくてたまらないんですよ。
だから、ちゃんと自分を大事にできていない人に憑りついたり、中に入り込んでなりすましたりして、奪おうとするんです。

肉体を尊重して、肉体の声を聴いていますか?
身体が嫌だってこと、無視して実行していませんか?

私の場合、自分の体の声に耳を傾けるようになってから、ハードワークから少しずつ離れることができるようになってきました。
仕事する時間は減り、好きな事をする時間や家族との時間が増えました。だけど、事業としての利益は前年の30%増になりました。

自分とちゃんと繋がってますか?
100%自分で存在しようと自分を大切にできていますか?

けっきょく、私たちは各々が、それぞれの幸せの形に沿うように創られているのだと思います。

それは、頭で考えちゃだめなんですね。

それよりも、体に聴くこと。

体に聴けば、自分自身にとってのベストの選択で生きることも可能になりますよ。

体に聴くってね、感じてみること。

ゆるんでるかな?
緊張してないかな?

私の知り合いの話ですが、普段は重度の便秘症なのですが、ご主人とのお見合いの席で急にもよおして、お手洗いに行ったら、
びっくりするぐらい、過去最大で最高といっていいほどの、排せつが起こったというのです。
その後ご結婚なさったのですが、夫婦円満で、結婚48年だそうですよ。

それぐらい体が緩む相手なら、OKという事だったのでしょう。

一緒に暮らす相手ですから、一緒にいてリラックスできる相手であることは絶対条件です。

緩んだり、広がる感覚を大事にして、感じてみてくださいね。



12747419_671995556274197_669245187379677886_o.jpg
12745945_671951879611898_9102490301179108876_n.jpg
12747351_671917136282039_3444241548054182354_o.jpg


2月26日金曜日 カートアップします!


皆様のご来店を心よりお待ちしています(^^)





至福の個人セッション


あの時に戻って、やり直したい。
そう思ったことはありませんか?
もしも、時を戻せたら、あなたはどうしますか?


過去に戻って、5歳の自分を癒したHさんのご感想です。

もしも?過去の自分が傷ついてなかったら?
今のあなたはどうしていますか?

もしも?過去の過ちをギフトに変えられたら?
今のあなたはどう変化できるでしょうか?

至福の個人セッションでは、それが可能かもしれません。




<至福の個人セッションスケジュール>



3/3 午前のみ 満席になりました。

3/4 午前のみ

3/5 終日可能

3/6 午前満席・午後・夜間可能

3/8 午前・午後満席 夜間のみ

3/9 終日可能

3/12 夜間のみ可能

3/13 終日可能

3/14 終日可能




至福の個人セッションとは?セッションの総合案内


至福の個人セッションの体験談はこちら



至福の個人セッションお申し込みフォーム



スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.