• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
CATEGORY : つれずれ
安芸の宮島一度はおいで♪
DATE : 2013-11-07-Thu
みなりっちです(^-^)

先日、20年来の友人が岡山から遊びに来たので、一緒に宮島にお参りしてきました。

また、数々の不思議?があったので、宮島でのこと、シェアしますね^^







宮島に行って、改めて思ったのは、神社とお寺の多さです。

一つの島に、いくつあるんだろう?
かなり、ありますよ。
数えきれないくらい。
大聖院1個とっても、4か所はあるでしょうね。その上の方に行くともうわからない。
それぐらいあります。

神社仏閣が好きな人ならば、一日かけても全部見ることは無理。
数日かけて歩いて欲しい。

そんな感じ。

まさに、神の島と呼べる神聖な場所です。






弥山頂上付近からの眺め↑

この日のメインは、弥山に登ること。

皆さん、宮島に来る機会があったら、是非弥山は登ってください。

なぜなら、弥山自体に変化の氣が溢れており、ここに登ることで、人生が飛躍的に変化するからです。


なので、こういうことをよく知っている経営者の方は、わりとしょっちゅう登られるみたいですね。

私は、よく登って年に1回ですが(^_^;)

私も昨年登って、事務所を新しく移転したばかりだったのに、リフォームのご縁が来ましたし、スタッフも新しく入りました
以降の変化は、ご覧の通りで、昨年借りていた事務所の3倍は広さがある現事務所に移ることができました

スタッフのやっちゃんも実は、至福の石けんとご縁を結ぶ前に弥山登山しておりますし、昨年一緒の登ったマスターチャネラーの仲間たちも全員変化しています
その変化は眩しいほどです

登山と聞いて、大変そうだと思われるかもしれませんね。
でも、安心してください。

ちゃんと、ロープウェーが頂上付近まで運行しているので、楽々上まで行けます。
ロープウェーを降りたら、30分ほどで頂上まで行けます。
途中途中の景色が本当に絶景なので、アッという間に歩けますし、お年寄りも歩いて登っているので、大丈夫です。

あ、スニーカーは必ず履いてくださいね。

たまに、ヒールの人がいますが、山道ですので、さすがにそれはケガしそうです。










弥山頂上に行くまでに弘法大師が修行の為に焚いたと言われる火が2000年の時を経た現在でも絶やさず、焚かれています。
この2000年の間一度も絶えることのない炎ってすごくないですか?
弘法大師が点火した炎が現在になってもずっと燃え続けているんですよ。
平和の式典で使われる火もこの消えずの火です。

どれだけ、神聖でパワフルなのでしょう。

この火で沸かした白湯が万病に効くとのことで、3年前ですか。
登った時に、頂きましたところ、その頃私はアトピーが酷く、後に日常生活を送るのも大変なぐらい悪化したのですが、アメリカのドクターとご縁を頂き、今ではアトピーだったと言っても信じてもらえないほどに回復しました。


私と友人が行ったその日は、珍しく炎が燃えておりました
初めて炎の状態をナマで見ることが出来ました。
嬉しかったです。


あっ、そうそう。

ミラクルのシェアでしたね(^_^;)

ロープウェーと書いて自分が何を言いたかったのか思い出しました。

ロープウェーですが、片道大人で1000円します。

でも、みなりっちはタダだったんです。

この話は、次で致しますね^^



<お知らせ>

送付方法に関しまして、新しい記載ができました。
当店におけるメール便利用は廃止されました。
長らくのご愛顧ありがとうございました<(_ _)>

リンクをクリックいただき、ご確認いただければと思います。



至福の個人セッション☆ご予約受付しています♪


あと、残り3席です!



11/11 20時~ ご予約済み


11/11 21時20分~ ご予約済み

11/25 20時~


11/25 21時50分~ご予約済み


11/29 20時~

11/29 21時50分~ ご予約済み

11/30 20時~ ご予約済み

11/30 21時50分~

※21時50分~ 21:20分~に場合により変更可能






至福の個人セッションメニューは、 こちら♪


お申込みページは、ここ☆







ぽち♪っとな~

スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.