• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11



やっと、港から船が出ました
♪───O(≧∇≦)O────♪

あ~、良かった~。

という事で、今日は、離島ターミナルから船に乗り、竹富島へ。
一度行ってみたかったんだ~。

そして、憧れの水牛車に乗ってみた。



写真は、後続の水牛車です。

みなりっちが乗っていたのは、龍ちゃんという名前の水牛さんで、3歳。
去年デビューしたばかりの若手なのだそうだ。

水牛車は、完全に牛の気分で進行する為、小さな集落でも。長い時で40分かかる事もあるそうだ。

現在、台風の影響で風があり、気温も涼しいので、働く水牛さんにとっては、とても好ましい環境ではあるのだが、龍ちゃんは、やる気が無い。

よって、すぐに止まる。

後ろから来てる牛さんは、5歳半だが、やる気があり、真面目なので、すぐに追いつかれてしまい、渋滞する。



渋滞どころか、追突中(笑)

みなりっちの真後ろに、後ろの水牛さんの顔が突っ込んできた。

大きな顔です。

島独特の民家があり、ブーゲンビリアが咲き乱れるようなポイントがあれば、ガイドさんがサンシンを弾きながら島唄を歌ってくれて、それがめちゃくちゃ雰囲気があって、良い!

良いのだが、唄うポイントは、決まってるみたいで、今日のように後続車が詰まってくると、後続車のガイドさんの唄もかぶるので、なんの曲なのかサッパリわからなくなる。

しかも、ガイドの唄う曲が違うし(笑)

こういう、遠慮とか、我関せずな所が、島時間なんでしょうかね。




続いて、レンタサイクルを借りて、西桟橋に出てみた。

夕日が絶景らしいね。

あぁ、晴れて欲しい。




島のランドマーク的存在のなごみの塔の上からの眺め。

階段じゃなくて、脚立のレベルと、水牛車のお兄さんは、申しておりましたが、

脚立以上に脚立でしたね。
降りる時が超怖くて、般若心経を唱えながら降りた私です。




コンドイ浜

ここで、4月のチャネリングコースにて、私に海を見に行くように。とメッセージを降ろしてくれた友人に電話をする。

雨混じりの曇りだからと油断して30分以上海を見ながら喋ってたら、足にガッツリとサンダルの跡が( ̄◇ ̄;)

オーマイガッ


ビーチは続くよ。
次は、星砂の浜として知られるカイジ浜。








珍しい木もある。









ここにある建物全てに、シーサーがいるのだけど、それぞれがめちゃくちゃ個性があり、どれ一つとして、全く同じシーサーは、無いそうだ。
島の人のこだわりが感じられます。



郵便局の屋根にも、シーサー。




龍ちゃんと私。
ガイドのお兄ちゃんが、写っていいのか悪いのか、微妙な感じで写っております(笑)
そして、龍ちゃんは、写真撮る時も、やる気が無い。(うわの空)

写真撮ってくれたおっちゃんの指が入ってるのが、残念な所。

でもま、

なんだかんだと言いながら、楽しんでおります。
というか、朝から友達に電話しまくり、コンドイ浜でも、チャネリングメッセージを降ろしてもらい、気が晴れた\(^o^)/


途中で、土砂降りの雨に何度も会い、見ず知らずの島道で方向が分からず、途方に暮れても、草刈りしてる島のおじさんに助けてもらったりと、なにかと天使が、行く先々で待機してくれているようです。

船が出る間に、明日も離島に行く予定です。

あ、そうそう。
皆さんに、お知らせ。

今週土曜日の27時間テレビ。
午後9時ぐらいから、車椅子のカウンセラー 『命のカウンセリング』が放送されます。

原作は、みなりっちが初めて心理学を学んだ神戸メンタルサービスに元所属していた、やすぞうさんて方で、私が学び出した頃に入れ替わりで独立されたので、直接は知らないのですが、みなりっちの先生である平準司先生の役をなんと!伊勢谷ゆうすけさんがやるらしく、これは見なければ!と思っています。

絶対感動できると思いますよ~。
二人とも、本当にカウンセリングや心理学を教える事に情熱をかけてらっしゃったので。

ドラマ化されると今朝知り、ビックリしました。

友人とも朝からこの話で盛り上がり、こうしてまた繋がる事ができて、嬉しいです。

良かったら、見てみてくださいね~。




ぽち♪っとな~
スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.