• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
CATEGORY : 開運!神社開運法!
私達一人一人には、守護してくださる神社さんが存在する話 4
DATE : 2009-11-27-Fri
広島に戻られたら、早く多家神社さんにお参りに行ってくださいね~。

先生に言われたとおり、戻った翌週だったかに、多家の神様に会いにいきました。

まだまだ日差しが強くカラッと晴れ渡った9月のある日でした。

場所が良く分からないので、天神川まで電車で出て、そこからタクシーを拾いました。

タクシーの運転手さんに、行き先を告げると、

「多家神社って、えのみやさんとか、えのみや神社とか言いますよね。
名前が二つあるのか、別々の神社として存在しているのか、いつもどっちだろう?って思っていたからちょうど良かった。」

と言ってくださいまして、

あぁ、なにかとこうやってご縁のある方が来るのだなぁ。

と思いました。

車内に乗り込み、何気に窓から空を見上げると、

空に、

古事記に出てくるような神様が横になっていて、しかもそのお顔が笑っている形になっている雲が浮かんでいたのです。

その日は快晴で雲はほとんどなかったのですが、そこだけにぽっかりと雲が浮かんでいるのです。

多家神社に祭られている神様は、桓武天皇と安芸津彦命なのです。

もう、びっくりしまして、

あぁ、私が来るのを本当に楽しみにしてくださっているのだなぁ。と思い、本当に嬉しかったです。

お参りに行くと、神社のある敷地全体からウェルカムなエネルギーを感じましたし、石段を上がっていく間に浄化されてしまうような気持ちでした。

そこで、いつも御加護いただいているお礼と祝詞を上げて、帰りました。

その後の変化といえば、
豊富行きが決まり、娯楽がほとんどない豊富に行く為の退屈しのぎになぜかIPHONEが急に欲しくなり、たまたまキャンペーン中で安かったのもあり、購入。

今度は、車で多家神社に行こうと思い、道路マップで調べましたが、どうも道が良く分かりません。
そんなときに、ふっと、

IPHONEに入っているMAPで調べてみては?

とひらめいて調べると、

こんなに簡単な道だったんだ~~~!!!!
と感動するぐらい簡単に経路が出まして、車でお参りに行くことが出来ました。

実は、多家神社さんは、母の鎮守神社さんでもあるので、今度は母を連れて来たいと思いましたが、石段がけっこう急なので、膝の調子があまり良くない母を連れてくるのに不安があるなぁ。と思いながら、お参りしていましたら、急に車が上がってくる音がして、

えっ?
車で上がることが出来るんだ?

と気付きました。

車で上がってきたのは、まだ若い女性で、

ちゃり~んとお賽銭を入れたと思ったら、
(本当は神様に対して投げ銭は失礼なのですよ)

拍手をパンッパンッと勢い良く打ち、
また、サーーーーッと車に乗り込んで帰っていかれました。

試しに帰りに、その車が上がってきた道を降りてみたら、、、、

なぁるほど!
ここに、出るのね!

これで、次からは母を連れて行くことができます。

神様は、ちゃんと私の心の声を聞いてくださっていたんだなぁと、不思議なんですが、こういうことをたくさん見せていただきました。

ちなみに、IPHONEを持つことで、私の世界はさらに広がり、今では、なくてはならないものになってしまいました。

音楽を聴く。
ということもずいぶんと長い間忘れていましたが、その喜びも復活しましたし、テレビというものもほとんど見なかったのですが、最近では、お笑いが大好きになってしまい、YOUTUBEで見まくっています。

これらの楽しみは、私の感性や情緒の面をかなり豊かにしてくれていて、幸せ感が倍増しました。

それまで、IPHONEの存在自体ほとんど知らなくて、名前がうっすらと分かるぐらいでしたが、それがいきなり欲しくてたまらなくなるというのも、今までにしたことがない経験でした。

それから、お仕事の面では、

皆さん知っての通り、
重複注文が出るほどサーバーを酷使する結果が待っていました。

その時は、過去最高のヒット数とお客様の数でした。
それが、10月の終わりのことです。

多家神社さんが張り切ってらっしゃったのは、これのことだったのかしら?と今でも不思議に思います。

続きます。







よろしければ、上のばってんをクリック♪ぷりぃーず☆
いつも、ありがとうございます。

スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.