• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
CATEGORY : お知らせ
手作り石けんは溶けやすい?
DATE : 2007-04-09-Mon  Trackback 0  Comment 0
セールも終わり、やっと一息つけたみなりっちです。
期間中は大勢の方にお越しいただき、ありがとうございました。

そして、ワタクシの可愛い可愛い石けんたちをご購入くださって、どうもどうも、ありがとうございます。本当に皆様との出会いが嬉しくて楽しくて仕方ない11日間でありました。

セールは終わっちまいましたが、どうぞ、これからもSoaps of Supreme blissをよろしくお願いします。

さて、以前にもブログで書きましたが、市販されている石けんは、石けんを作成する工程で、オイルと水酸化ナトリウムが反応した時に自然に出来る副産物「グリセリン」を途中で取り除き、化粧品会社などに売ってしまうので手作りのものに比べ保湿が乏しいというお話でした。

個人の手作りの場合は、グリセリンを取り除く技がないので、化粧品会社に営業できません(笑)したがって必然的に石けんの中にたっぷりとグリセリンを残しておくことが出来ます。
このグリセリンは空気中の水分を集めてくる性質を持っているので、化粧水やクリームの中なんかに保湿剤としてよく入っているのですが、石けんの場合は、固体なので、例えばバスルームに置きっぱなしになってたりすると、空気中の水分を集めすぎて自分が溶けていってしまったりします。
(なんて!儚い!)
熟成3ヵ月後ぐらいになるとずいぶん溶けにくくもなりますが、それでも理想は使用後一回一回バスルームから出してあげて乾燥→また、次のお風呂の時に持って入る。というのが良いです。
家族が多ければ最初の人が持って入り、最後の人が持って出る。
という感じでしょうか。

(理想は、何個かの石けんをローテーションしながら一回一回乾かすというのが良いようです。)

そうすれば、持ちがずいぶん違うと思います。

少し手間ですが、それだけ石けん一個を大切にして、お風呂を楽しむってすっごく優雅な感じがしませんか?

こうやってお風呂で自分を慈しむようになると、自然に女っぷり、男っぷりが上がってくるってもんですよ。

セクシャリティの上げ方の一個でもありますよね。

忙しい毎日、お風呂だけは丁寧に入る!このこだわりが、その人の個性を磨き、魅力を上げて行くんです。

是非お試しになってくださいね~ん♪



ワタシ的には、食器をソープディッシュにしちゃうってのも好きですが、

こんなのも、いいなぁ~☆


ココバリさんのHPより



ソープディッシュ


ワタシ、バリも大好きなんだよねぇ~☆

あー、バリ行きてぇ☆



bari

スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.