• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
さわふじの石けん


見た目すごく女性っぽいのに、男性性の方が強くて、友達の間でも男前扱いされていたり、気が付けば、コンパの席では、盛り上げ役に徹していたりして、帰ってから密かに落ち込んでいるそこの、アナタ!

自分のセクシャリティを意識すると、気分が悪くなるそこのアナタ!

そろそろ、あなたの持つ、素敵で可憐な女性性を解放してあげましょう。

さわふじは、女性性の解放に優れた香りです。そんなさわふじの香りがする石けん

さわふじの石けんです

さわふじは、ふんわりと甘い香りがします。
この独特の香りが女性性を解放し、左半身がほぐれて、感性、芸術性、創造性を開きます。
心身をやさしく浄化し、霊性を高め、波動がより精妙になります。
波動がより精妙になるということは、これからのアセンションの波に乗りやすくなるということ。
どんどん柔軟性を上げて、アセンションに乗っかっていきましょうね。

潤う粘土ガスールをふんだんに使用しています。

ガスールの特徴としては、

・ガスールには、肌をおだやかに整えるという、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多く含まれ、保湿力が高く、また、PHが、7.3から7.4と、ほぼ中性に近い肌にとてもマイルドな触感を持ちます。

・更に、イオン化した粘土の粒子が、磁石のように汚れを吸い寄せる力による、洗浄力も強く、それだけで、肌や髪の汚れをしっかり落とし、またミネラルが、リンスやトリートメントのようにしっとり、滑らかに、洗い上がりを整えます。

・ガスールの吸着力の実験で、メチレンブルーという色素を1gの炭とガスールに吸着させる実験があります。その結果、炭は20mg、ガスールは80mgのメチレンブルーを吸着することができたといいます。この吸着力で、ガスールは肌や髪の汚れやにおいを取り去るのです。

・水に反応したミネラルが、潤いの膜をお肌の上で形成。水分補給も一緒にしてくれるのです。

という特徴があります。

このような特徴があるお陰で、パックで使用したり、石けんに取り入れることによって汚れを吸着し、潤いを与えてくれる理想のお仕事をしてくれるのですね。
ガスールは本当に偉大です。


■サンフラワーオイル(保湿力に大変優れており、ビタミンA,Eを多く含むアンチエイジングオイル)

■キャスターオイル(ひまし油のことです。水分を引き付ける力が強く、石けんの中にたっぷり含まれるグリセリンとダブルで作用してくれます。化粧品材料としてよく使われています)

■ホワイトセサミオイル(紫外線吸収防止効果、抗酸化物質を多く含むのでアンチエイジング効果も高いオイル)

■スプリングプリムローズ(Y-リノレン酸を多く含み、アレルギー体質の改善や美肌の育成に役立つオイル)

■グレープシードオイル(ブドウ種子から採れるオイル。ポリフェノール、ビタミンEが多量に含有されています。 )

■ココナッツオイル(ココヤシから採れるオイルです。石けんの泡立ちと洗浄力をよくするオイル。大きな泡をたくさん立たせ比較的解け崩れの少ない固い石けんを作ります。)

■パームオイル(石けんの溶けくずれをふせぎ、硬さを保つオイル。)

■ナイアード社 ガスール

■パープルカラーラント
カラーラントとは世界各地の大地の鉱石を砕いて作られたものです。主にマイカが主ですが、マイカは別名雲母とも呼ばれています。化学色素との違いはオーガニックの手作りコスメ化粧品に入れても安全で心配が無く、発がん性物質、化学物質を含有しない所にあります。

■精油:さわふじ ラベンダー サンダルウッド

■アファーメーション

ありがとう
感謝します
ツイテル
女性性が開放される
もっと、自由になる
エレガントになる
美しくなる
お肌がぷりぷりになる
愛される
周りを元気にする
やる気に満ちる
笑顔でいられる
自分に自信を持つ
思いやりに溢れる



shifuku


お待たせしました!
カートアップは、6月20日です。

来月は、東京での心理学セミナー出席などで大変忙しくなる為、カートアップは末ぐらいになる予定です。今回をお見逃しなく!

至福の石けんミラクルメール集も更新しました!
バナーよりトップページの「石けん体験記」からお入りください♪






ランキングの応援もいつも、ありがとう~。
ぽちっとな~☆







スポンサーサイト
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.