• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
潤いカモミール


完全無農薬のカモミールをオリーブバージンオイルエキストラに漬け込むこと3ヶ月。今回は潤う粘土と呼ばれるガスールをマーブル状にしてしっかりと入れ込んだ潤いカモミールとなりました。

うちの畑で栽培されたカモミールを一つづつ丁寧に摘み取り、風通しの良い場所でしっかり乾燥させた後オイルに漬け込みました。

前々回発売したカモミールの優しさは、地味ながらも、実は、一番リピートされた商品でした。お客様からはすごく優しい使用感がやみつきになりました。とか、傷に良かったなどの声もあり、カモミールの持つ底力に感動しました。

今回は、そのカモミールインフューズドオイルにモロッコの偉大な粘土ガスールを一緒に入れております。

ガスールについて少し詳しく説明しますね。

ガスールには、肌をおだやかに整えるという、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが多く含まれ、保湿力が高く、また、PHが、7.3から7.4と、ほぼ中性に近い肌にとてもマイルドな触感を持ちます。

更に、イオン化した粘土の粒子が、磁石のように汚れを吸い寄せる力による、洗浄力も強く、それだけで、肌や髪の汚れをしっかり落とし、またミネラルが、リンスやトリートメントのようにしっとり、滑らかに、洗い上がりを整えます。
ガスールの吸着力の実験で、メチレンブルーという色素を1gの炭とガスールに吸着させる実験があります。その結果、炭は20mg、ガスールは80mgのメチレンブルーを吸着することができたといいます。この吸着力で、ガスールは肌や髪の汚れやにおいを取り去るのです。

その上、水に反応したミネラルが、潤いの膜をお肌の上で形成。水分補給も一緒にしてくれるのです。

教えてちょーだい!ビューティ相談室では、ガスールに関してこのような紹介がなされていました。

ミネラルたっぷりの泥パックで冬の乾燥と化粧ノリ対策!

で、ここに紹介されていた内容を昨夜やってみたところ、今日の化粧ノリの良さといったら!
しばらくやっていなかったので、忘れていましたが、久しぶりにやると良く分かる。本当に粉のファンデーションがするすると伸び、しかも少量で済んだのです。今日はちょっと用事があり、知り合いと合っていたのですが、めちゃくちゃビックリされました。ふふ♪

ですが、毎日泥パックとなると、手間がかかる上いくら天然のものでもお肌に負担がかかります。
そこで、石けんに入れ込むことで無理なく使用することが出来ますし、その上お手軽です。

是非、お試しあれ♪


カモミールインフューズドを使用した石けんは今期はこれで終了です。来年またカモミールが出来れば良いのですが、お約束はできません。
ですので、この機会をお見逃しなく!!



■オリーブバージンオイルエキストラ(カモミールインフューズド)
(オレイン酸、オリーブスクワレンが豊富な一番絞りに、無農薬自家製カモミールを漬け込み、成分をオイルに移しています)

■キャスターオイル(ひまし油のことです。水分を引き付ける力が強く、石けんの中にたっぷり含まれるグリセリンとダブルで作用してくれます)

■ココナッツオイル
■パームオイル

■国産はちみつ(保湿効果)

■ガスールクレイ

■精油:ラベンダー、ティーツリー、カモミールローマン
敏感なお肌の方にも大丈夫な精油をたくさん使用しています。

カモミールは、消炎効果、殺菌効果があり、ニキビ、乾燥肌、日焼け、火傷、外傷、湿疹、虫さされ等に効果を発揮します。また、 鎮静作用のあるエステルの含有率が高く、神経系に作用するので、ストレス解消・リラックスにより向いており、精神的なストレス解消、感情の沈静化に非常に効果的なオイルです。

■アファーメーション

ありがとう
感謝します
ツイテル
癒される
素敵な笑顔で毎日を送る
気分がどんどん落ち着き、良くなる
健康になる
問題が解消される
色白になる
艶々でぴちぴちのお肌になる
お肌が改善される
いつも笑顔
対立を癒す
つながりを感じられる
いいことがたくさんある
輝ける
愛される
愛する

手作り石けんランキングに参加しております♪
どうぞ、よろしくお願いします。
いつも、ありがとう☆
感謝!








スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TB*URL
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.