みなりっちです。

今日は、やりましたよ!

晴れました( ̄▽ ̄)

ひゃっほ~

と、言うことで、西表島に行ってみました。






朝の離島ターミナルの港からして、海の色が違います。

40分ほど、船に乗り、西表島に到着。







ざわわ、ざわわ、ざわわ~♪

さとうきび畑が続きます。








日本最南端のバス停








仲間川のマングローブクルーズを体験してみる。
何故だか分からないけど、私はマングローブが好きで魅かれるのです。
過去世と関係あるのかな。
ついでに、ミッツマングローブさんも好き(^∇^)







今日は、本当にいいお天気で、嬉しかった~♪───O(≧∇≦)O────♪








マングローブとは、ヒルギの群生の総称らしい。

写真のヒルギは、板根を持つ巨大ヒルギで、名前は、忘れた。







昼食後は、由布島へ。
バスの車窓より、海さん、こんにちは。
私が見たかったエメラルドグリーンの海が近づいてくる。







由布島と言えば、ここも水牛車が有名ですね。









よく、パンフレットなんかになってる風景が、すぐそこにあって、心高鳴る私。







今日の水牛さんは、

松田優作さん(本名)です。

5月17日生まれの12歳で、人間で言うと、36歳の働きざかりなのだそうです。

水牛車に乗ってると、残念な事に、優作さんのお尻しか見えませんが、


ガイドのおじさんが、そーっと、優作さんのお尻を隠したかと思ったら、

『優作のサーターアンダギーが・・・』とおっしゃいまして、、、。


海にぽちゃん、ぽちゃんと、歩きながら排泄するそうです。

しかし、夜の内に魚が全部綺麗に食べてくれるので、海は汚れないそうです。

そして、その魚をまた自分達が釣って食べるとも(笑)

この島は、基本的に全て自給自足なのだそうです。







モデル業で忙しいあんずちゃん。
さすがに、カメラ慣れしています。
幼い感じですね。

ガイドのおっちゃんが、由布島の水牛は、竹富島の水牛に比べて、ストレスが無い為、長命だという事を力説していて、そこに並々ならぬ水牛への愛と、竹富島への対抗心を感じた(笑)







植物園を散策していたら、小さなカフェがあり、そこから砂浜に出る事が出来た。
日焼けが気になりながらも、テンションが上がるぜ!









ここは、本当に気持ちが良くて、

カラスが狙うから気をつけて~。と言われながら岩に腰掛けてマンゴーアイスを食べた。

魂が喜んでるのが、分かる。

私は、海が大好きだ~






本当の事を言うと、昨夜は、オバケさんが出たので、ほとんど眠れなかった。

宿泊したホテルで、幽霊に遭遇したのは、これで二度目だが、かなり久しぶりだった。

夜中に、ふと目覚めたら、首から上だけのお坊さんが、私の胸元付近にいた。

幸い、顔は、こっちを向いて無かったから、良かった。

一度目は、夢かと思いそのまま就寝。

でも、二回目に目覚めた時は、金縛りだったので、腹が立ち、

大きな声で、


お坊さん


と叫んだら、解けた。


怖いよりも、気持ち悪かった。
でも、それ以上に、私の安眠を奪われた怒りの方が、大きくて、本気で切れたら、ビックリしたのかそのまま居なくなった。

でも、このまま眠ってしまって、また戻って来たら嫌なので、結局眠れず、そのまま朝になってしまった。

一応、ちゃんと上に上がってもらおうと思い、浄化させてもらった。

昔々、この地で、津波に遭い、亡くなったのだそうだ。

不思議なのだが、このお坊さんの首から上に、人の温もりがあった。
ちゃんと死んだ人の筈なのにな。

今夜は、しっかりと安眠したい私です。

まぁ、そんなこんなだったので、今日のツアーは、出発も遅く、楽で良かったです( ̄▽ ̄)

明日は、石垣島島内観光します。
レンタカーのナビが、ちょっと、あんぽんたんなので、不安もありますが、楽しんできます。

では(^O^)



ぽち♪っとな~
スポンサーサイト



page top



やっと、港から船が出ました
♪───O(≧∇≦)O────♪

あ~、良かった~。

という事で、今日は、離島ターミナルから船に乗り、竹富島へ。
一度行ってみたかったんだ~。

そして、憧れの水牛車に乗ってみた。



写真は、後続の水牛車です。

みなりっちが乗っていたのは、龍ちゃんという名前の水牛さんで、3歳。
去年デビューしたばかりの若手なのだそうだ。

水牛車は、完全に牛の気分で進行する為、小さな集落でも。長い時で40分かかる事もあるそうだ。

現在、台風の影響で風があり、気温も涼しいので、働く水牛さんにとっては、とても好ましい環境ではあるのだが、龍ちゃんは、やる気が無い。

よって、すぐに止まる。

後ろから来てる牛さんは、5歳半だが、やる気があり、真面目なので、すぐに追いつかれてしまい、渋滞する。



渋滞どころか、追突中(笑)

みなりっちの真後ろに、後ろの水牛さんの顔が突っ込んできた。

大きな顔です。

島独特の民家があり、ブーゲンビリアが咲き乱れるようなポイントがあれば、ガイドさんがサンシンを弾きながら島唄を歌ってくれて、それがめちゃくちゃ雰囲気があって、良い!

良いのだが、唄うポイントは、決まってるみたいで、今日のように後続車が詰まってくると、後続車のガイドさんの唄もかぶるので、なんの曲なのかサッパリわからなくなる。

しかも、ガイドの唄う曲が違うし(笑)

こういう、遠慮とか、我関せずな所が、島時間なんでしょうかね。




続いて、レンタサイクルを借りて、西桟橋に出てみた。

夕日が絶景らしいね。

あぁ、晴れて欲しい。




島のランドマーク的存在のなごみの塔の上からの眺め。

階段じゃなくて、脚立のレベルと、水牛車のお兄さんは、申しておりましたが、

脚立以上に脚立でしたね。
降りる時が超怖くて、般若心経を唱えながら降りた私です。




コンドイ浜

ここで、4月のチャネリングコースにて、私に海を見に行くように。とメッセージを降ろしてくれた友人に電話をする。

雨混じりの曇りだからと油断して30分以上海を見ながら喋ってたら、足にガッツリとサンダルの跡が( ̄◇ ̄;)

オーマイガッ


ビーチは続くよ。
次は、星砂の浜として知られるカイジ浜。








珍しい木もある。









ここにある建物全てに、シーサーがいるのだけど、それぞれがめちゃくちゃ個性があり、どれ一つとして、全く同じシーサーは、無いそうだ。
島の人のこだわりが感じられます。



郵便局の屋根にも、シーサー。




龍ちゃんと私。
ガイドのお兄ちゃんが、写っていいのか悪いのか、微妙な感じで写っております(笑)
そして、龍ちゃんは、写真撮る時も、やる気が無い。(うわの空)

写真撮ってくれたおっちゃんの指が入ってるのが、残念な所。

でもま、

なんだかんだと言いながら、楽しんでおります。
というか、朝から友達に電話しまくり、コンドイ浜でも、チャネリングメッセージを降ろしてもらい、気が晴れた\(^o^)/


途中で、土砂降りの雨に何度も会い、見ず知らずの島道で方向が分からず、途方に暮れても、草刈りしてる島のおじさんに助けてもらったりと、なにかと天使が、行く先々で待機してくれているようです。

船が出る間に、明日も離島に行く予定です。

あ、そうそう。
皆さんに、お知らせ。

今週土曜日の27時間テレビ。
午後9時ぐらいから、車椅子のカウンセラー 『命のカウンセリング』が放送されます。

原作は、みなりっちが初めて心理学を学んだ神戸メンタルサービスに元所属していた、やすぞうさんて方で、私が学び出した頃に入れ替わりで独立されたので、直接は知らないのですが、みなりっちの先生である平準司先生の役をなんと!伊勢谷ゆうすけさんがやるらしく、これは見なければ!と思っています。

絶対感動できると思いますよ~。
二人とも、本当にカウンセリングや心理学を教える事に情熱をかけてらっしゃったので。

ドラマ化されると今朝知り、ビックリしました。

友人とも朝からこの話で盛り上がり、こうしてまた繋がる事ができて、嬉しいです。

良かったら、見てみてくださいね~。




ぽち♪っとな~
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.