CATEGORY : つれずれ
ポートランドともあと少しでお別れです。
DATE : 2010-08-24-Tue
寂しいです。
もう、帰らないといけないなんて。
泣いてしまいそうです。

この間ドクターに、ホームシックにかかってないか?と聞かれましたが、私は日本の食事が恋しいだけで、日本は恋しくありません。と答えたら、

ポートランドには、美味しい日本食のレストランがなくて、ごめんよ。

と謝られてしまいました。

恐れ多くも、日頃研究しかしなくて、日本からの限られた患者さんしか診ないものすごい権威の先生にそんな風に言われて、恐縮しました。。。。

今こちらは、深夜です。

犬達が廊下で寝ていますが、キースの寝息がけっこう、響きます。
たまに、寝言らしき感じでむにゃむにゃ言っているのが、とても可愛いです。

キースといえば、この間食堂の床に転がっている骨の形をしたガムを、小躍りしながら拾い上げて心の底から嬉しげに口に咥えたと思ったら、スタコラサッサと、移動していました。

だけど、そのガム3日以上前から食堂の床に転がっていたんだよね。

1日のうち2回は、食堂をパトロールし、何か食べ物が落ちていないか点検して歩いているキースがそのガムを知らない訳ないんだけど。。。。。

やっぱり、キースはわからん~



iphone_20100826150057.jpg

キース又の名をミスターバキューム。


iphone_20100825151435.jpg

アウトレットモールにも連れて行ってもらいました。
ここでは、おみやげでお菓子類を購入。
一つの量が大量なので、かなりの重さになりました。


iphone_20100826152545.jpg


サンダルが14ドルぐらいだったので、購入。
少し大きいけど、履きやすいです。



iphone_20100825151522.jpg

こちらでは、よくスーパーに行きました。
写真はフレッドメイヤーでの1コマ。
大きな棚全部にたくさんの種類の袋入りチョコレートがたくさん積んであります。
この棚全部がチョコレートなんて、日本ではあまり見ないので、面白いなと思いました。
さすがは、アメリカ


iphone_20100825151647.jpg

ポートランドで一番美味しいと言われている飲茶に連れて行ってもらいました。
お昼を外して行ったけど、すごい人数が待っていて、入るのにずいぶんと時間がかかりました。
この時、食べて食べて食べまくり、本当に美味しかったです。
今まで食べた飲茶の中で一番美味しかったと思います。
しかし、この飲茶を機に、私の胃袋のサイズも更新された模様です。
そして、私自身もひとまわり大きくなってしまったのでした(涙)
しょうがないです。
太るのも治療の一つらしいですから。

次の更新は、日本に帰ってからになると思います。
みなりっちのポートランドでの食事(主にデザート類)をアップしたいと思います~。






ぽち♪っとな~
















スポンサーサイト
page top
CATEGORY : つれずれ
こちらでの日常生活
DATE : 2010-08-23-Mon
一応、治療で来ているので、ポートランドでは、ほとんどケアホームに居たのですが、時々映画を見に出かけたり、ダウンタウンに買い物に行ったりしました。

映画館でトイストーリー3を見ましたが、字幕なしでも充分楽しめるぐらい完成度が高かったです。知り合いが大人も充分楽しめるので、とっても上手に作っていると絶賛していましたが、本当にその通り。
最後は、なんだか切なくて、泣いてしまいました。
一緒に見ていた大学生のHちゃんも、泣いていて、あぁ、いい映画だったなぁと思いました。

ケアホームの近くにあるグラッシャムの映画館だったので、3Dで見れなかったのが、残念でしたが、それでも、充分過ぎるぐらい良かったです。

あとは、ケアホームでご飯作ってくれたり、お部屋をきれいにお掃除してくれたり、私達のお世話をしてくれているステファニーが、野外でやってるムービーに連れて行ってくれました。

こちらは、もう秋のような気候になっていて、夜がめちゃめちゃ寒かったのですが、ポップコーン片手に、芝の上に敷物を敷いて、4人ぐらいで一緒に毛布にくるまりながら見た映画は、全く意味が分からなかったけど、なんだか皆で一緒の時間を一つの毛布にくるまりながら共有している感じが暖かくて、映画の意味が分からなくてもそれだけでOKな感じがしました。

この野外でやってるムービーでは、全て無料で飲み物やポップコーンやコーンアイスが配られます。もちろん映画も無料です。
どこで利益を上げるのだろうか?
と私は一緒にステイしているKさんと話していたのだけど、教会がスポンサーらしくて、ボランティアの一環なんだなぁと思いました。


iphone_20100824184113.jpg

午後7時30分ぐらいのグラッシャムの空。こちらは、日が落ちるのがとても遅くて、8時過ぎてやっと薄暗くなる感じ。
秋を感じさせるウロコ雲


iphone_20100825151257.jpg

こんな感じで映画の始まりを皆で待ちます。
だいたいがファミリーで来ていて、みんなで毛布にくるまりながら秋の夜空の下で映画を楽しみます。
こちらの題名でjourneyでした。邦題はなんだっけ?
教会がスポンサーなので、free無料なんです。



iphone_20100824184444.jpg


映画館は、日本よりも安いです。夜よりも昼間が安くて、一人8ドルでした。写真は、映画館にあるポップコーンやドリンクを売る所。
ポップコーンのデカさに、ビックリ。





ぽち♪っとな~
page top
CATEGORY : つれずれ
拝啓 ポートランドより犬日記 モーちゃん編
DATE : 2010-08-21-Sat
今日、とうとう鰻を食べる夢を見ました。
この頃は、滞在当初あれだけ魅力的だったアメリカンのランチやディナーが、風邪を引いて以来全く食べられなくなり、早く日本に帰って日本食を食べたいとそればかりを考えるようになりました。
ケアホームの近辺には、日本食のレストランなどなく、仕方ないので、お向かいのスーパーで売っているアジアンヌードルが主食になっている現在。
オーナーさんが心配してくれ、昨日は鮭とシジミスープと桃を持ってきてくださり、その前に頂いた日本のレトルトのおかゆや梅干、海苔を大切に消費しながら生きております。

まぁ、食の話はまた今度にして、

このケアホームには、キースのほかに、モーちゃんという15歳になる犬がいて、オーストラリアンシェパードとラブのミックスだけあり、やっぱり賢いわぁ!と感心することがあったので、今日はその話をしようと思います。

モーは、元々もう飼えません。。。。と飼い主から放棄された犬が集まる施設にいた子犬のうちの1匹だったそうです。

来た当初から賢くて、トイレをたった1日で覚えたそうです。

モーは、キースと違い、安易に腹を見せません。
どちらかというと、ボスにだけ従順なタイプで、キースとは逆です。
でも、普通に礼儀正しく愛想はします。

高齢で腰を痛めているのもあり、私もあまりモーを撫でまわしたりしません。

やっぱり、犬が節度を持って接してくるのなら、こちらもそのように接します。

でも、たまにモーちゃんを可愛い可愛いしてあげたくなるときもあります。
しかし、そんなときも、キースの奴が間に割り込んで来て、モーの上に重なって横たわるので(キースも中型犬の部類に入る。しかもデブ 笑)高齢のモーちゃんは、すぐに立ち上がりその場から逃げてしまいます。

そんなキースも可愛いのだが、モーが気の毒。。。。。。

そんなある日、モーが犬用の小窓から屋内に入ろうとしているのだけど、後ろ足が上がらなくて苦労している姿を発見。

以前、オーナーさんがモーちゃんのためにドアを開けてあげていたのを思い出し、犬用小窓が付いているドアを開けてやろうとしたのだが、モーちゃんの体は前にも後ろにも行けず、間で引っかかったまま。
そんなモーの体でいっぱいいっぱいになっている隙間からキースが顔を出していて、モーちゃん余計に動けない。。

キースは、天然でああなのか。。。。。。
ああなのだろうな。

へたにこちらがいじるよりも、モーに任せようと見守っていたら、無事にモーは、小窓を抜けて家の中に入ってくることができました。


あ~~~、よかった~~~。

その出来事があって、なんだかモーが妙に私に愛想良くなったな。
と思えるようになった。

食堂で、皆と歓談している時などにやってきて、私の前でお座りし、ニコニコ(しているように見えた)しているのだ。

もしかして?

トイレ?

と思った私は、小窓の付いたドアを開けてあげた。

すると、モーちゃんは、ドアから外に出て用を足し、またドアから中に入ってきた。

以降、私が、食堂に居る時だけ、タイミングが合えばと言った感じで、モーはトイレに行きたい時は、私を呼びにくるようになったのだ。
本当にタイミングが合えばなので、こちらが食事中は絶対に呼びに来ない。

ちゃんと、こちらの気持ちは届いていて、この犬は賢いなぁ~。と感心した瞬間だったのでした。

豚耳をもらってさぁ、食べようと思ったところに、オーナーさんの息子さんのちっこい犬がやってきて、豚耳を奪われたときも、怒りもしなかったモーちゃん。

犬も年を取ると、老成していくのかなあ。とモーを見ていて思います。
村の長老のようなモーちゃんどうぞ、たくさん長生きしてくださいね。


iphone_20100819180947.jpg

この写真見てて、なんでモーちゃんなのかが分かった気がする。

去年、北海道で見た、にそっくり?
特に、お目目が落ちそうな辺りが。


iphone_20100826150148.jpg






ウナギに、親子丼、ラーメン、肉じゃが、エトセトラ。。。。。
日本の食事が恋しいです。
今、お腹がギュウッて鳴りました。
今週末には、帰ります。

ぽち♪っとな~


page top
CATEGORY : つれずれ
拝啓 ポートランドより犬日 キース編
DATE : 2010-08-19-Thu
このケアホームには、犬が2匹いる。
オーストラリアンシェパードとラブラドールのミックスのモーちゃん15歳とナントカって犬種(名前を忘れた)のキース7歳だ。

キースは、7歳だとオーナーさんは、言うのだが、2週間一緒にステイしたYちゃんいわく、8年前に来た時にもこの2代目キースがすでに居たらしいので、本当は推定10歳か11歳ぐらいというところだろう。

今日は、キースの話をしようと思う。

一番最初に会ったとき、「初めまして。1ヶ月よろしくね」とこちらが言い終える前には、すでにこの状態だったキース


iphone_20100819180818.jpg

でも、正直嬉しかった。
犬のこのお腹全開ポーズは、

アナタを信頼しますよ。

って、意思表示だから。

初めて来て、まだ誰とも仲良くなれていなかったので、この犬の歓迎ポーズは、なんとも嬉しく嬉しさのあまり、
つい、お腹を撫でて大げさに喜んでしまった。

以降、キースの横を通るたびに、彼はお腹をオープンにすることとなる。

ちょっとは、普通にお座りしているところとか、4つの足で立っているところとか、写真に撮りたいじゃないですか。

しかし、私が何度その姿を写そうと思っても、全くと言っていいほど無理だった。





この間、私が食事しているときにやってきて、礼儀正しくお座りしていたが、カメラを構えた瞬間に、どこかに行ってしまった。

よく、分からない。

よく、分からないと言えば、一度夜中に暗がりでキースがいることに気付かず、ちょっとだけ踏んでしまったことがある。

この頃は、私の部屋の前で寝ていたり、行くところ行くところ付いて来たり、先回りして待っていたりと、かなり私になつき初めていた頃だった。

その夜も、キッチンでみんなとダイスに興じていて、なにかを取りに部屋に戻ろうとしたところ、私の部屋のすぐそばで寝ていたキースに気付かず踏んでしまったのだ。


そのときのキースは、わんとも言わなかった。
その健気な姿に、思わずキースに、ごめんねごめんね。と言いながらぎゅっとハグして謝ったら、

グフッグフッ

と鼻を鳴らして喜んでいて、

なんて、愛おしいのでしょう

翌日からは、もっとキースを念入りに可愛がるようになったみなりっちだったのでした。


しかし、ある夜

またもや、キースが暗闇にいるのが分かったので、

今度は、踏まないぞ~~~~~

とキースに近づいて撫でてやろうとしたら、


ササーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

と彼は、私の姿を見つけるやいなや、食堂の方へ逃げていったのでした。


え?
なんで?

私、謝ったじゃん?

謝ったよね?

キースも嬉しそうに、グフッグフッって言ってたじゃん???



わかんね~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!


以降、彼は夜更けに私の姿を見つけると、サッとどこかに移動するようになった。

でも、やっぱりキースは可愛い。
腹を見せれば、撫でてやり、もっととねだられると、犬の喜ぶ鼻先や喉、耳の辺りまでサービスしてしまう。

帰国までにあと10日を切った今、

キースは、私のことを

孫の手

かなんかと勘違いしているのではないか?

と感じることがある。

でも、いいのです。

ここに来て、つらかった時期に、充分癒してくれたのだから。


iphone_20100819180646.jpg





オーナーさんが、写しやすい用に号令をかけて写真に撮らせてくれました。
やっぱり、キースにとってはボスが一番です。





ぽち♪っとな~





page top
CATEGORY : つれずれ
拝啓。ポートランドより犬日記
DATE : 2010-08-19-Thu
皆様、お久しぶりです。
楽天日記の方で、少し更新しましたが、なにせ画像のアップが出来ないもので、困ってしまい、ブログの更新が止まっていました。

って、いうほど、あちこち出歩いて写真取りまくっているわけでもなく、おとなしく滞在先のケアホームにて、日々を過ごしています。

アトピーの方は今のところ全ての炎症が消えてつるつるの状態になりました。
顔の面積の半分がアトピーに侵略されて、すごい顔相になってましたが、今では、見た目には分からないほどまでに回復しました。

思い切って来て良かったと思います。

後は、この状態をどこまで日本で維持できるのか。

が今後の課題となりそうです。

わたくし、アトピーが良くなり、さぁ、観光よ!
と思っていた矢先に、大風邪を引いてしまいまして、つい3日ほど前は、40度を超す発熱、、、(多分)
体温計は、華氏のものしかないと言われたので正確には計っていないのだが、とにかくものすごい熱が出て、大変だったのでした。

もう!なんでこんなに病気ばっかりするのよ!

と悔しいやら、悲しいやら。

こちらでは、風邪ひいたぐらいで病院には行かない(医療費が高過ぎるので、行かないものになっているだって!)ので、タイラノールという市販の薬を飲んで、熱はひたすら冷やし、後はウィルスと戦うしかないのだそうで、私も効いてるのか効いてないのか分からないタイラーノールを4時間ごとに飲み、ひたすら寝て、やっと今ぐらいまでに体力が回復したのです。

後で調べてみると、タイラノールは、まず医者が一番に勧めるぐらい良い薬らしいですね。
こちらでは、本家タイラノールがリコールになっていて、ジェネリックが安く出ていたので、たくさん購入しておいて良かったです。

とまぁ、こんな訳で、一緒に滞在している他のメンバーが、買い物したり、NYに旅行に出かけたりしている間、私は、こんな感じで非常にテンション低く、このケアホームにだらだらと居るわけです。

あ、また題名とずれちゃいましたね。

この次の更新で、犬の話しますね。

みなりっちさん、ここまで来てまだ犬の話しますか?

と思わず突っ込みたくなるそこのアナタ。



そうなんです。
ここまで来て
まだ、犬の話するんです。





良かったら、ポチしてくださいね~♪

応援してくださった皆様のお陰で、自分でもビックリするぐらい回復することが出来ました。

ゆっくり休んで良くなって来てくださいね。と言って頂く度に、どれだけ嬉しくて有難かったかわかりません。

どれだけ距離があっても、祈りは必ずその人に届く。

その事を実際に体験させて頂きました。

ありがとう!
page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.