CATEGORY : 体験談
こころのビタミンの感想を頂きました!
DATE : 2008-08-19-Tue
ビジョン心理学を学ばせて頂いているご縁で、先生のところから直接入れてもらっている


こころのビタミン


ですが、読んでみたい!というお客様が予想以上に大勢いらっしゃいまして、嬉しい限りです。
お客様の中には、7回繰り返し読むつもりです!とおっしゃってくださる方もいて、素晴らしいです。
こういう方は、きっと、人生を変容させる力に満ちているのでしょうね。
意欲があるって、本当に素敵です。

さて、今回は、お客様からいただいた感想をご紹介したいと思います。

Kさんは、小学校の先生をなさっています。
私は、教育の立場にいらっしゃる方にこそ、読んで頂きたかったので、とても嬉しかったです。


みなりっちさん♪

こんにちは。
Kです。

「心のビタミン」読みました!
感動!

私がずっと
「引き寄せたい!」
と思っていたことは,実は,現実逃避のファンタジーだということが分かりました。

「どうして,わくわくしながらイメージしているのに,現実にならないんだろう。」
と思っていました。
そりゃそうです,みんなおとぎ話だったんですから。

「今の私はここが足りない。」
と思うことが,自分に正直なことだと勘違いしていました。
そうじゃないんですね。

例えば,「成功する」という未来のビジョンから自分を見たとき
「自分はだめ。」だと嘆いていることは,
ビジョンに対して,不正直な態度になってしまうんですね。

ビジョンを描いて,未来から現実を引き寄せる。
未来から現実をしっかりみつめることが必要なんですね!

分かっていたつもりでいたことが,全然分かっていませんでした。

この本は,すごい!
とっても読みやすいのに,深いです。

P127「自分のイヤなところを出しましょう。徹底的にイヤな自分を演じてみま
しょう。」
これ,クラスの子供たちとやってみたいです(笑)

自己表現が苦手でしたが
それに気がついたら,楽になりました。
そして,みなりっちさんが書いてくれたように
他の人もあんまり気にならなくなりました。

うまく言えないけど,心理学ってすごいですね。
スペザーノ博士の本は,何冊か購入しましたが
そのときも「なるほど。」と思っていました。

でも,この「心のビタミン」を読んで
「ああ,そういうことか!」と,土台を教えてもらったような気がします。
とはいえ,まだほんの入り口だと思いますが。

みなりっちさん
とっても素敵な本を紹介してくださって,ありがとうございました。

ファンタジーじゃなく,ビジョンを描きます!

♪K♪



ファンタジーじゃなくて、ビジョンを描く。
素敵ですね!
そう、ファンタジーはファンタジーのまま終わってしまいますが、でも、ビジョンは違いますよ。
kさんは、さすが、チャック先生の本を何冊か読んでらっしゃるだけに、的確に大事なところを掴んでらっしゃいますね!

それから、是非是非授業で徹底的に嫌な自分を感じる授業をやってみて欲しいです。
それをやってみて、生徒さん達がそれぞれみんなに対してどう感じるか。
やたらとプンプン怒ってたり、背中向けて引きこもったりする子が出てくるのでしょうか?
それを見てみんなでげらげら笑って、でも大好きよ。って言えたらどんなに楽しいでしょう。
大好きよって言ってもらった子の照れくさそうなでも嬉しい笑顔を私は見てみたいです。

私が思うに、この本には、全ての成功が詰まっているように思います。
どうすれば、仕事、男女関係、人間関係がうまくいくのかが標されている書だと思うのです。

普通のスピリチュアルや成功本とは違い、けっこう耳に痛いこともあるかと思いますが、グラウディングの見地からいくと、耳に痛い(地の部分)と心地よい(天の部分)のバランスがちゃんと取れている本だと思います。
だから、実際読んでみて、後でテンションが落ちるということもなく、実践に向かっていけるのだと思います。

スピ本や成功本って、けっこう天の部分に焦点を当てて書いてあることが多いのですが、長続きしないんですよね。そういった点から見ても、こころのビタミンはオススメです。

Kさん、ありがとうございました。
Kさんのような先生がもっと、増えるといいなと思います。



shifuku


カートアップは、22日です。
こころのビタミンも並びますよ!
是非、一度ご一読を。
同梱の場合でも一緒に注文した商品によりますが、メール便でOKです!

ミラクルメール集も更新中♪ショップおよびミラクルメール集は上のバナートップページより





ブログランキングに参加しています♪
いつも、ありがとう~。
感謝感謝大感謝!!











スポンサーサイト



page top
Copyright © 2005 みなりっちの至福の石けん日記. all rights reserved.